中波紫外線療法(エキシプレックス308)

2分で分かる松井クリニック紹介動画

中波紫外線療法(エキシプレックス308)

紫外線療法とは

紫外線の「免疫の働きを弱める作用」や「皮膚に色をつける作用」などを利用した治療方法です。

痛みもなく紫外線を照射するだけで治療を行えます。エキシマランプは紫外線治療の中でも局所に強い光を照射できるので短時間で照射でき、かつ病変部位のみに高い治療効果が見込めます。

尋常性白斑、尋常性乾癬、掌蹠膿疱症、アトピー性皮膚炎、円形脱毛症などに有効な治療です。

エキシプレックス308のご紹介

紫外線療法の機器として当院ではエキシプレックス308を導入いたしました。

従来の紫外線療法よりも照射時間が短く、少ない回数で改善効果が出やすいとされています。

1回の照射時間は10秒程度です。効果を上げるためには繰り返して照射する必要があり、週に1~2回程度の通院をおすすめいたします。

保険適応疾患

尋常性白斑、尋常性乾癬、掌蹠膿疱症、アトピー性皮膚炎、円形脱毛症、菌状息肉症、類乾癬、慢性苔癬状粃糠疹、悪性リンパ腫

症例紹介

白斑

乾癬

アトピー性皮膚炎

円形脱毛症

中波紫外線療法 Q&A

Q.どんな治療ですか?
A.エキシマライトの光を数秒~数十秒照射します。その他、治療薬を併用する場合もあります。
※対象疾患や対象部位によって照射時間や照射内容は異なります。診察にてご相談ください。
Q.痛みはありますか?
A.痛みはまったくありません。麻酔の必要もなく光が当たると少し暖かい感じがします。
※特別なケアは必要ありませんが、照射当日~翌日は、日焼けをしやすい状態ですので強い日光は避けてください。