AGA(男性型脱毛症)

2分で分かる松井クリニック紹介動画

AGA(男性型脱毛症)

当院ではAGA(男性型脱毛症)でお悩みの方に簡単な診療後、”プロペシア 1mg(28日分 7,000円)”や2016年に新たに発売になったばかりの新薬”ザガーロ0.5mg(30日分 8,400円)”を直接クリニックで処方いたします。もちろん院内処方ですぐにお持ち帰り出来ます。恥ずかしがらずにお気軽にご相談ください。

AGA(男性型脱毛症)とは

AGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」の意味です。

男性型脱毛症(AGA)は抜け毛・うす毛がゆっくりと進行していきます。
思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなります。毛包が十分に成長しないため、髪の毛が太く長く育たないうちに抜けてしまいます。一般的に遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられています。

男性型脱毛症(AGA)では普通、うす毛になっていても、うぶ毛は残っています。毛包が存在している限り、髪の毛は太く長く育つ可能性があります。男性型脱毛症(AGA)は早めのケアが大切です。

当院での処方箋

プロペシア

プロペシアは、米国メルク社が開発し、世界60カ国以上で承認されている世界で初めて医師が処方する男性型脱毛症用薬(AGA治療薬)です。日本では、MSD株式会社(旧:万有製薬)から販売されています。
男性型脱毛症(AGA)の原因となる DHT (ジヒドロテストステロン)の産生を阻害することで、抜け毛を減らし、男性型脱毛症(AGA)の進行を抑えます。

プロペシア

ザガーロ

ザガーロは、グラクソ・スミスクライン株式会社から販売されている男性型脱毛症(AGA)の新薬です。

ザガーロもプロペシア同様に男性型脱毛症(AGA)の原因のひとつと考えられる DHT (ジヒドロテストステロン)の産生を阻害し、ヘアサイクルを正常に近づけることで発毛を促進します。

プロペシアよりもDHT (ジヒドロテストステロン)の産生を効果的に抑制することが期待できます。そのためプロペシアで男性型脱毛症(AGA)治療の効果があまりなかった人にも治療効果が期待できます。

関連ブログ